低い身長のまま生まれる病気とは?

 

 

 

 

 

身長が低いままの病気もある

 

 

 

身長が低いままの病気の中にはSGA性低身長症

 

という病気があります。

 

 

 

母胎にいるうちから成長度が遅く乳児としても

 

低い身長のまま生まれる病気があります。

 

 

 

2歳児までに追いつくことがほとんどですが、

 

その後身長が低いまま成長が遅れているとこのSGA

 

という病気を疑う必要もあります。

 

 

 

この病気の場合は大人になっても身長が低い

 

可能性があります。

 

 

 

3歳児からホルモン治療を進めると病気が

 

改善され身長も低いままということから

 

免れる可能性があります。

 

 

 

また成長ホルモンの分泌が不全になる病気もあり

 

その場合も身長が低い状態になります。

 

 

 

もちろん一般と同じように成長はしても身長は

 

全体的に低いということになる場合と不全のレベル

 

によっては子どものような低い身長のまま止って

 

しまう病気もあります。

 

 

 

そでも成長ホルモン不全ということでホルモン

 

治療が必要になります。

 

 

 

このように身長が低いということには成長障害の

 

病気が隠れていることもあります。

 

 

 

そんなときには成長が終る年齢になる前にしっかり

 

検査を受けて治療を始めることで病気も改善し、

 

身長も低いことで悩むほどのことは避けられる

 

のではないでしょうか。

 

 

 

検査や治療は幼児期からスタートした方が病気の

 

改善になり、低い身長で止ることのないように

 

していくこともできます。

 

 

 

1歳からの病気治療を始める人もいますが、

 

多いのは3歳から5歳からのスタートが多いようです。

 

 

 

赤ちゃんの成長が少しでも遅いと感じたときには、

 

専門医に相談するようにしましょう。


TOPへ