身長は一日で変化する?!意外とあいまいな身長の実態

 

 

 

皆さん。身長が一日の中でも変化することって知ってましたか?

 

実は大きく変化するのです。

 

 

 

 

 

それはいつかというと

 

朝と夜とで大きく身長が違うのです。

 

なぜ一日の中で身長がそんなに変化してしまうのでしょうか?

 

変化について調べてみましょう。

 

 

 

 

一日の中で一番身長が伸びているときというのは朝起きたてです。

 

これは就寝中に背骨や腰などにかかる重力の影響がなく、

 

正常な状態へ戻す為です。

 

 

 

身長は朝起きてからは一日をかけて、変化していきます。

 

頭から脚にかけて一日中重力がかかってくる事になりますから、

 

その分下に引っ張れ続けるわけです。

 

 

 

 

背骨などは折り曲がるように柔軟な作りになっています。

 

重力によって引っ張られるとその分、骨と骨との間が縮んで

 

身長は低くなります。

 

朝と夜とで身長は1〜2cm変化すると言われているのです。

 

 

 

 

一日の中がで身長が1〜2cmも変化するなんてびっくりしてしまいます。

 

なのでこの変化量を考えると

 

健康診断などが朝に行われるのも納得が行きます。

 

 

 

逆に身長をすこしでも高く記録されたい人は

 

朝早くに計測するのがよいでしょう。

 

 

 

逆に言えば生活リズムがずれている人などは

 

身長を測ってみると昼夜でその差があまりなかった

 

などのことで健康状態を確認する指針としても

 

使えるかもしれません。

 

 

 

 

一日一日で体の状態も変化していきます。

 

身長の変化は体重などの影響でも大きく変わると思います。

 

これもまた一日一日やせる努力などでも

 

改善するかもしれません。

TOPへ