手を広げた長さと身長でものを測ろう

 

 

 

 

自分の身長が分からない人は、

 

ほとんどいないのではないでしょうか?

 

実は、身長と手を広げた長さには密接な関係があります。

 

 

 

 

不思議なもので、身長と両手を水平に、

 

横いっぱい手を広げた長さは大体、身長と同じ長さなのです。

 

手を広げた長さから、身体の中心で分けると身長の半分になります。

 

例えば、身長が160センチだとしますよね。

 

その半分は、80センチになります。

 

 

 

 

また、手の指をいっぱいに広げたら、

 

親指から小指までの長さは、

 

成人男性の平均は約20センチ前後だそうです。

 

メジャーがなくて、短いものを測る時は、

 

手を広げた長さを利用します。

 

 

20センチを超えた場合、1度20センチで印を付けます。

 

残りは、手を広げた長さを定規として利用できます。

 

2等分すると、比較的正確に分けることができますよ。

 

それで付けた印が約10センチになります。

 

そこから2等分したら5センチになりますよね。

 

 

 

 

手を広げた長さを使って、色々なものが測れるのです。

 

 

 

ただ、手を広げた長さは、

 

女性やまだ成長途中の子どもだと、

 

身長よりも、実際は短くなったりします。

 

 

 

身長と手を広げた長さが、大体同じだなんて便利ですよね。

 

 

 

メジャーを使わなくても、

 

手を広げた長さを使えば、少し手間はかかります。

 

ですが、100メートルでも大体の正確な長さが測れます。

 

 

 

手を広げた長さを事前に知っていれば、

 

急に何か測らないといけない時も、

 

ある程度正確な長さがわかるのです

 

 

 

手を広げた長さを使って、

 

色々なものを測ってみるのも

 

面白いのではないでしょうか。

 

 

 

また、身長を利用してものを測ってみても

 

いいかもしれませんね。


TOPへ