身長と正規分布 統計学から見た身長


(出典  http://www.ipc.shimane-u.ac.jp/food/kobayasi/normal_distribution_height_biometry.html)

 

 

 

 

「正規分布」聞いたことがあるような

 

ないような、ものではないですか?

 

 

 

数学の統計学として、最も基本的な知識なのですが、

 

身長とこの「正規分布」との関係性が

 

あまり分からないのではないでしょうか?

 

 

 

 

例えば、100人の身長を無作為に選抜したとします。

 

 

人それぞれ身長は違いますよね。

 

必ず誤差が出てきます。

 

その差がどう関係してくるのか、

 

平均的な身長が100人いれば

 

正規分布を使うことで出てきます。

 

 

 

それよりも身長が高いのか、あるいは身長が低いのかで、

 

釣り鐘状にグラフとして表すことができ、数値が並びます。

 

 

 

このような分布をすることを「正規分布」と呼びます。

 

 

 

 

この「正規分布」というのは、

 

多くの統計的なものを説明しやすくします。

 

よく問題などでも身長を使ったものが出てきます。

 

 

 

統計学を学んでいる方なら1度は、

 

身長を「正規分布」で解いたことがあるのかもしれませんね。

 

平均と標準偏差が分かれば、

 

ある値の現れる確立を得れるという性質があり、

 

とても重要なものなのです。

 

 

 

正規分布を前提としている手法も未だに多いです。

 

 

正規分布の計算式などは、統計学を学んでいる方にしか

 

分からないような難しいものです

 

 

 

 

身長を正規分布で表すことで、

 

日本人の平均身長などを統計的に得れます。

 

自然界のものなどもこの「正規分布」を

 

利用していることも多くあります。

 

 

 

 

数式などが分からなくても、正規分布を見れば、

 

身長以外にもさまざまなものの標準が分かります。

 

そのため、正規分布は色々なものに置き換えられ

 

データをまとめる1つの手段と考えるべきではないでしょうか。

TOPへ