すぐに答えられる?あなたの身長何インチ?

 

 

 

 

今現在、世界の中で使われる長さの単位としては、

 

センチインチが存在しています。

 

産業のシステムを生み出した

 

ヨーロッパとその後世界の中心として

 

産業とビジネスを動かすアメリカにて

 

決められた工業単位です。

 

 

 

その単位から身長の単位も

 

それぞれ使い分けられています。

 

 

 

 

アメリカではインチでの

 

身長表示が必要になるので

 

センチとインチの違いを確認し、

 

いつでも確認できるようにしましょう。

 

 

 

 

まずは、センチからインチへの

 

単位の変換についてですが、

 

1センチメートル =0.393700787 インチという計算式になります。

 

ものすごく細かい数字になってしまいますね。

 

 

計算しにくいので

 

1センチメートル=約0.39インチとしましょう。

 

 

 

まずはアメリカ人の平均身長はいくらなのでしょうか?

 

2001年度までのアメリカの国勢調査では、

 

男性の身長が5フィート9インチ、

 

女性の身長が5フィート4インチとの

 

確認結果が出ているようです。

 

 

 

1フィートは12インチで計算されますので

 

全てインチにすると

 

男性は69インチ、

 

女性が64インチとなります。

 

 

 

そしてセンチメートルに換算すると、

 

男性の平均身長が69インチ/0.39=177cm

 

女性の平均身長が64インチ/0.39=164cmとなります。

 

 

 

日本人の平均身長が男性が171cm、

 

女性が158cmなので

 

やはり大柄な人が多いことが分かります。

 

 

 

そして女性に関しては

 

スレンダーに見えるのは160cmを超えてから

 

ではないかと考えられます。

 

 

かっこよく見える身長は

 

やはりある程度高くないということですね。

 

 

 

これでみなさんもインチで身長を計算することができると思います。

 

アメリカに行った際にはぜひ利用してみてください。


TOPへ