身長偏差値は身長が高いから優位ということではありません。

 

 

 

 

 

 

身長の偏差値は気にしないこと

 

 

 

今体格偏差値というのがあります。

 

もちろん身長にも身長偏差値というものがあります。

 

 

 

身長が高いほど、体重なら大きいほど偏差値は

 

大きくなります。

 

 

 

この身長偏差値は身長が高いから優位という

 

ことではありません。

 

 

 

しかし、偏差値というとやっぱり高いほど

 

いいように感じますね。

 

 

 

そして今の風潮として身長の偏差値が高いほど

 

いいということでこの身長偏差値を利用する人が

 

多いことも確かです。

 

 

 

もともと医療の現場で成長ホルモン異常などの場合に

 

身長の偏差値を使ったりすることがあるようです。

 

 

 

また栄養士の勉強の中でも身長の偏差値は

 

出てくる言葉のようです。

 

 

 

しかし身長の偏差値が低い、高いという言葉は

 

注意して使わないと蔑視の言葉になることもあるので

 

注意しましょう。

 

 

 

偏差値というとやっぱり思い出すのはやっぱり

 

受験のときですね。

 

 

 

学校のランクを見ると気や自分の勉強の能力を

 

示すものとして偏差値というものを使っています。

 

 

 

でも身長は高いからいいということではなく

 

身長の偏差値が高い低いといういい方は

 

ちょっと問題があるように感じます。

 

 

 

身長の偏差値が低いことで、自分が劣等感に

 

陥るなんてことになるならそれはまったく

 

意味が違うことを知ることです。

 

 

 

身長の偏差値の他に体重の偏差値もあります。

 

この場合は体重が重いほど偏差値は高くなるので、

 

あまり間違った方向に行きにくいのです。

 

 

 

やっぱり身長に関しての偏差値をあまり気にする

 

ことはやめた方がいいと思います。

 

 

 

身長に自信のない人にとって身長の偏差値は

 

何の意味もありません。


TOPへ