身長の正確な測り方の方法はあるけれど……

 

 

 

 

 

 

自分で身長を測るといつも違ったりすることがあります。

 

身長の測り方も特に家では適当になりがちです。

 

 

 

 

でも毎日身長が気になって毎日正確な測り方で

 

測定したいと思っている思春期の少年などは

 

結構いるのではないでしょうか。

 

 

 

ちょっと小さめの男子は特に身長が高い同級生を

 

うらやましく思ったりするようです。

 

 

 

でも毎日適当な測り方では正確な身長はわかりません。

 

これから少しでも正しい結果の出る身長の測り方を

 

お伝えしましょう。

 

 

 

 

ただし、あまり毎日身長を適当な測り方で

 

測定しているといつもガッカリしたり、

 

もっと早く伸びないかなと気を揉むのでは

 

ないでしょうか。

 

 

 

でもそれこそ身長が伸びることを阻むことに

 

なりかねません。

 

 

 

 

つまり不安や落ち込みによってホルモンが乱れます。

 

ホルモンが乱れることは身長の伸びを妨げる

 

1つの原因なのです。

 

 

 

 

だからまず身長は正確な測り方が大切であると同時に

 

がっかりするぐらいなら、あまり毎日測るのは

 

どうなのかといえそうです。

 

 

 

 

さて、正確な測り方は壁や柱に

 

しっかり自分の体をくっつけます。

 

 

 

 

もちろんポイントがあって、

 

かかと+お尻+肩甲骨+後頭部の4つの点を

 

つけるようにしましょう。

 

 

 

 

これで相当正しい測り方ができるはずです。

 

そして最後はティッシュボックスの角を利用して

 

頭と壁が直角になったところに印をつけます

 

 

 

 

身長はこれで正確な測り方ができるはずです。

 

あとは悩むならあまり気にして測らないことが大切です。

 

気にしても伸びるときには伸びるし、

 

身長こそなるようにしかならないということです。


TOPへ