冬は身長が伸びないってホント?

 

 

 

 

 

だから身長が伸びないって本当でしょうか。
それにはある意味から言われることなのです。

 

 

 

 

しかし、身長は冬だって伸びないなんてことはありません。

 

その理由を考えながら1年中身長が伸びない
ことのないような方法を考えていきましょう。

 

 

 

 

まず冬身長が伸びないという理由には、メラトニン
分泌が大きく関係しています。
冬は夏に比べて外に出て日光に当たる時間が短い
ということから、メラトニンの分泌が悪くなります。

 

 

 

 

メラトニンは熟睡成分とも言われています。
そのため冬の方が熟睡成分の分泌が少なく、
熟睡をとりにくくなるということから、身長が
伸びないと言われているのです。

 

 

 

 

また熟睡中に背筋を伸ばした状態でいた方が、
身長はしっかり伸びると言われています。

 

 

 

 

冬はどうしても寒いので背筋を丸くして寝る
ことが多く、それも身長が伸びないと言われる
理由の1つとなっています。

 

 

 

 

逆にそのことが分れば、身長を伸びないような
行動を取らないようにすればいいのではないでしょうか。

 

 

 

 

冬こそできるだけ日光に当たるようにしたり、
背筋を伸ばして寝るようにすれば、ずっと効果は
違ってきます。

 

 

 

 

特に夜22時から翌2時までの4時間に熟睡
すると、この時間帯に成長ホルモン分泌が活発
になります。

 

 

 

 

夏でもこの時間にしっかり睡眠を取らなければ
身長は伸びないと言えます。

 

 

 

 

また夏は活発に体を動かすことが多く、それも
熟睡しやすい要因となります。
冬も身長が伸びるように、活発に活動するよう
にしましょう。

 

 

 

 

身長が伸びないのは季節に関係なく、身長が
伸びないような生活になりやすいからです。

 

 

 

 

冬でなく、夏であっても暑くて寝付けない日が
多いので、そういう意味では夏も身長が伸びない
と言われてもおかしくありません。

 

 

 

 

夏冬関係なく成長ホルモンの分泌を妨げること
は身長が伸びなくなることです。
逆に分泌を促進させる行動はいつでも注意が
必要ということになります。

 

 

 

 

身長を伸ばすのは栄養と睡眠と運動が基本に
なるため、そこを意識して毎日を送れば夏も冬も
ないのではないでしょうか。


TOPへ