どんどん高まる中学生の身長の平均

 

 

 

 

 

 

中学生の身長の平均は随分上がってきたようです。

 

中学生男子の場合平均の身長は1年生から152.69p

 

160.04p、165.21pとなっています。

 

 

 

また、中学生女子の場合、平均の身長は1年生から

 

151.75p、155.18p、156.74pとなっています。

 

 

 

中学生の身長の平均は男子と女子の違いを見ると

 

中学生になったばかりの頃は身長の平均は

 

そんなに違っていません。

 

 

 

逆に身長の高い女子がいたりしするし、

 

身長の低い男子が多かったりしますね。

 

 

 

でも中学生も3年生になると身長の平均は

 

男子と女子では大きく差がでてきます。

 

 

 

この中学生生活の中で急激に男の子の身長平均が

 

伸びる時期があるようです。

 

 

 

そして中学生をすぎ高校生の年代になるともっと

 

男子の身長の平均はアップしていきます。

 

 

 

最近の中学生は身長が高くなってきていますが、

 

女性は生理も早く始まるようになったことから、

 

身長の成長が止り女性らしい体に成長する

 

年齢も早くなっているようです。

 

 

 

中学生というと男子も女子も身長が最高に

 

伸びるのが中学生とも言われています。

 

 

 

男子の身長の平均はまだ高校生でも伸び続けますが、

 

女子の方は早めに止る場合が多いようです。

 

 

 

男子中学生の場合、入学当時はとても身長が低く、

 

平均よりずっと以下だった人が卒業のときには

 

平均の身長よりずっと高くなったという例も

 

多くみられます。

 

 

 

男子も女子も中学生の頃は身長も伸び、

 

全体の平均も高くなります。こんなときこそ

 

成長の邪魔をしないように規則正しい生活

 

するようにしましょう。


TOPへ