おいしく食べればぐんぐん伸ばせる!、食事と成長ホルモンの仕組み

 

 

 

おいしく食べればぐんぐん伸ばせる!、食事と成長ホルモンの仕組み

 

 

 

日本人の平均身長は、昔に比べ大幅に伸びています。

 

その理由の一つとして、戦後日本の食事内容の変化が

 

挙げられます。

 

 

 

 

 

 

身長を伸ばすための柱となっているのは、

 

体内で分泌される成長ホルモンの働きによります。

 

では、食事と成長ホルモンの関係とはいったい何なのでしょうか?

 

 

 

 

 

まず大切なのは、食事を取るタイミングです。

 

成長ホルモンが体の中で生産される時間帯は決まっています。

 

有効に成長ホルモンの分泌を促すためにも、食事をとるタイミングが

 

肝心になってきます。

 

 

 

 

もっとも、成長ホルモンが分泌されるのは夜寝ているときです。

 

睡眠中の分泌を活性化するためにも夕食の大切さがわかります。

 

それから就寝時ほどでないにせよ食事の後にも分泌されますので、

 

1日三食きちんと食事をとるということの大切さがわかります。

 

 

 

 

 

 

また、就寝直前に食事をとると、インシュリンが分泌

 

してしまい、成長ホルモンが分泌のを妨げてしまいます。

 

遅くとも就寝2時間前までに食事は済ませましょう。

 

 

 

 

 

そのほかにも、しっかりと成長ホルモンが分泌される元となる

 

栄養素をバランスよく食事から摂取していることが肝心になります。

 

 

 

 

成長ホルモンが分泌されるための栄養素を含んだ食材として

 

代表的なものは、

 

鶏肉料理魚介類大豆などがあげれます。

 

 

 

 

 

規則正しい食事時間とバランスの整った食事を心がけて、

 

本来の成長ホルモンを充分活用しましょう。

 

 

 

 


TOPへ