テストステロンが身長に与える意外な影響!?

 

 

 

 

 

 

テストステロンとは、アンドロゲンに属する男性ホルモンの一種です。

 

性ホルモンとしての作用については、妊娠6週目から

 

24週目にかけて大量のテストステロンが分泌される時期があります。

 

 

 

テストステロンは思春期以降の男性では、

 

睾丸からの分泌が顕著に増加して、

 

男性的な身体の特徴が形作られます。

 

 

 

一般的に30歳ぐらいから減少し始めます。

 

テストステロンの減少は男性更年期と呼ばれます。

 

 

 

 

しかし、女性の更年期ほど急激なホルモン分泌は変化せず、

 

身体や精神に与える影響も個人差が大きいと言われています。

 

 

要するに、テストステロンは闘争本能や干渉されたくないという

 

欲求などに影響を与えるのです。

 

 

 

大きな影響は子孫繁栄と言う人間として、

 

一番大切なものに影響を与えるということです。

 

 

 

近頃では、無精子病と言った男性も増えています。

 

夫婦でもそれによって子供がいない夫婦も増えているようです。

 

 

 

一方で、男性型脱毛症の治療にも効果があるようです。

 

身長とテストステロンの関係ですが、

 

関係していないとは言い難いようです。

 

 

 

テストステロンの値が上がれば、すぐに身長も高くなるし

 

髭も濃くなるというわけではありません。

 

 

ただ、女性を見て興奮するときに「テストステロン」

 

多く分泌されるということでした。

 

 

 

 

男性ホルモンと筋肉の関係はありますので、

 

成長ホルモンが増えれば身長も伸びるために働く時期はあります。

 

 

ただし成長を促進して、成長を止めると言うことも考えられます。

 

 

筋肉が付いて、身長が止まったという人もいます

 

 

原因として、一つ考えられることは身長が止まる時期です。

 

 

 

テストステロンの分泌は、トレーニングや運動よりも

 

遺伝に左右されることが多いといいます。

 

 

 

テストステロンは身長が高くなるための特効薬だと

 

思っている人には気の毒な話ですよね。

 

遺伝となると私たちではどうすることも出来ませんからね。

 

 

 

 

それより、身長が伸びることばかりを考えて、

 

それがストレスになる方がよっぽど心配です。

 

 

 

 

男性ホルモンと深い関係にあるテストステロンですが、

 

誤解や、誇張、噂があることも確かです。

 

テストステロンで身長が急激に伸びることはありません。

 

そのため、過度な期待を持たないことが大事です。


TOPへ