身長が抜かされたら立場の逆転が起る

 

 

 

 

 

 

身長はその人その人で伸びる時期が違います。

 

特に小学校の高学年からグーンと高くなりもう

 

165センチぐらいになってしまう子どももいます。

 

 

 

しかしそういう子どもの中には身長はそこから

 

そんなに伸びないこともあります。

 

 

 

男の子などは小学校高学年で身長が160センチ以上

 

あると結構モテるし友達からもちょっとうらやましげに

 

見られて自信に満ちた小学校生活を送ることも多いようです。

 

 

 

しかし、中学の頃には身長の伸びが止ってしまい

 

抜かされたということも起ってきます。

 

 

 

他の男子たちは中学2年、3年でどんどん身長が

 

伸びてきて抜かされたなんてことが起ってきます。

 

中学を卒業するころにはその少年の身長は前から数えた方が

 

早いほどの少年に抜かされたということもあり得ます。

 

 

 

早く身長が伸びた子どもは後で小さかった子どもに

 

抜かされたということもたくさん体験するのでは

 

ないでしょうか。

 

 

 

ずっと小学校の頃は身長が小さくて、

 

ちびちゃんというイメージだった子にどんどん

 

抜かされたなんてことも起ります。

 

 

 

そんな元ちびちゃんが急にモテるようになって

 

学校での位置まで抜かされたなんてこともあります。

 

 

 

やっぱりどこかで自分は身長が高いということを

 

自負していた男子は、いずれ思い切り多くの友達に

 

抜かされたという体験をすることも覚悟して

 

おくべきでしょう。

 

 

 

早く身長が急即に伸びる子は後で

 

止ってしまうことがとても多いようです。

 

 

 

つまり抜かされたという体験をたくさん

 

することになります。

 

 

 

成長ホルモンが早く分泌するタイプの子どもは

 

あとで抜かされたというつらい思いを体験をすることに

 

なるかも知れませんね。

 

 

 

やっぱりどんどん身長が抜かされたら

 

やっぱりいじけそうですね。


TOPへ