身長とソールの関係 靴さえ履いてればモテモテなんだけど・・・

 

 

 

 

 

 

身長とソールの関係について

 

 

 

1970年代、「シークレットブーツ」なるものが

 

流行った記憶があります。

 

そのブーツを履いて女の子からモテてたいと

 

身長の低い若い男性が殺到しました。

 

 

 

 

ネットで「シークレットブーツ」を検索すると、

 

6センチのアップから10センチのヒールアップ

 

といったものなどのサイズが揃っています。

 

 

 

10センチもヒールアップすれば、

 

身長が見えて雰囲気がだいぶん変わります。

 

ヒールアップしている本人も周りの景色が変わります。

 

身長コンプレックスを持った人にとっては、

 

夢のようなアイテムといえるでしょう。

 

 

 

 

以前は「シークレットブーツ」と呼ばれていました。

 

今では「ソールシューズ」と呼ぶのが一般的です。

 

今までの「ソールシューズ」は靴を脱いだ時、

 

上から見ると上げ底だと一目でわかっていました。

 

ただ、今では特殊加工によって一目では

 

わからないようになっているんです

 

 

なので、身長をごまかすことができます

 

 

 

 

このソールに使ってある「マジックインソール」

 

力が加わると、適度にへこむため歩行時の衝撃も

 

吸収して膝の負担も和らげてくれることです。

 

 

 

今までは、デザイン的にもかっこいいものじゃありませんでしたが、

 

今ではデザインにも力を入れているとのことです。

 

 

 

カラーソールシューズといって、

 

ソールにこだわったお洒落な靴もあります。

 

 

 

身長が低いと悩んでいる女性は

 

ヒールを高くすればいいというものでもありません。

 

高いヒールですと足も疲れますし、

 

女の子たちは身長が高いことに悩んでいる女性には

 

不必要なのかもしれません。

 

 

 

 

考えてみると、身長コンプレックスは

 

自分の受け止め方次第なんですね。

 

 

 

 

またヒールではなく、ソールによって

 

改善できる問題もあるようです。

 

 

 

モデルさんでも、今では身長の高い人ばかりではありません。

 

自分に自信を持って、ヒールの高い靴も低い靴も

 

履くことが大切のような気がします。

 

 

身長とソールの高さにはこのような関係があると思います。

 

 

 

ちなみにヒールとソールの違いを調べてみると、

 

ソールは足の裏全体がかかる部分で

 

ヒールはかかとの部分だそうです。

 

 

上手く使い分けをして、自分の理想な身長にしたいものですね。


TOPへ